イベントレギュレーション発表~♪

本イベントのレギュレーション(参加要項)を発表させていただきます。
※イベントまでまだ日数がございますので、詳細変更の可能性があります。
 現時点でのレギュレーションとお考えください。

イベント名:「ボスニア199X」
日時:平成27年11月22日(日)9:00-17:00
場所:特殊作戦群区(茨城県稲敷市)
http://www.tokku-switch.jp/
参加条件:満18歳以上のルールを守れる方
参加費:4000円(昼食別)
内容:1990年代前半のボスニア紛争をモチーフとしたヒストリカルゲーム
参加受付開始:平成27年3月29日(日)

・募集ユニット
①ボスニア人勢力:ボスニア政府軍・民兵・傭兵・義勇兵
②クロアチア人勢力:クロアチア防衛評議会民兵・傭兵・義勇兵(クロアチア共和国軍含む)
③セルビア人勢力:スルプスカ共和国軍・民兵・傭兵・義勇兵
④国連防護軍:ベルギー・カナダ・イタリア・デンマーク・チェコ・フランス・オランダ・パキスタン・ポーランド・トルコ・イギリス(文民国連職員含む)
⑤その他:民間人・ジャーナリストなど

・応募方法
①メールによる応募
yugowar199xアットマークgmail.com ※アットマークを@に変えて送信お願いします。
タイトルは「ボスニア199X:参加希望」とお書きください。
②イベントなどでの直接応募
ビクトリーショウなどに今後も出展予定です。その際は是非♪

いずれの場合も、希望する勢力をお書きください(例:スルプスカ共和国軍、国連・イタリア軍など)。
参加される方のお名前(HNでも可)をお書きください(複数の場合は全員分)。
代表者の方はご連絡先(お電話またはメールアドレス)をお書きください。
武装勢力で参加希望の方で、どの勢力でも良いという方は、「調整可能」とお書きください。
人数調整をさせて頂くときにご協力いただくかもしれません。

参加費は当日にお支払いお願いします。事前であればキャンセルは可能ですので、興味のある方は奮ってご参加ください<(_ _)>

・ご用意いただくもの

①エアガン・モデルガン・無可動実銃
エアガンは法定初速厳守です!
使用可能モデルは使用銃器についてのレギュレーションをご確認ください。

②ゴーグル
形状は問いませんが、サバイバルゲームに適したもの。
フェイスガードも使用可能です。

③デッドマーカー
白無地の布(ハンカチ、雑巾、手拭いなど)1枚

④BBローダー
エアガン装填用として各自用意願います。

⑤BB弾
完全バイオ弾限定。
ゲームに使用する分は支給しますが、初速チェック、試射、ホップ調整用は各自ご用意下さい。

⑥各種装備品
衣類・装備のレギュレーションをご確認の上、各人にてご用意ください。

主催からエアガン・ゴーグル・装備類のレンタルはいたしません<(_ _)>

※ 以下はヒストリカルゲームにおけるルールです※

・使用弾

完全バイオ0.2g
武装勢力にはゲーム開始直前に一人当たり150発を支給。
機関銃手には一人当たり300発支給。
ゲーム開始までに各陣地で弾薬装填(勢力内で弾の受け渡しは自由)
ゲーム中はフィールドの弾薬箱から回収、敵からろ獲、分けてもらうなどして頑張ってください。
BBローダーでのフィールド内給弾、ガス補充は可能です。

・使用銃器と弾倉

使用可能モデルはレギュレーションを参照。
エアガンは法定初速厳守!!
外部ソース不可。
射撃はセミオートに限定。
給弾不良時の、地面へのフルオート射撃は可とします。

マガジンは原則スプリング給弾マガジンを使用、多弾マガジンしか無いモデルの場合は1本まで使用可能。
サイドアーム(ハンドガン、マシンピストルなど)は本体に装填+予備弾倉2本まで。
モスカート・クレイモアなど無制限使用可能。
モスカートは手打ち禁止、必ずランチャーを使用すること。

マシンガン(分隊支援火器含む)は、2脚または3脚を展開し、地面や障害物に設置、もしくは助手が2脚を支えるなどした場合のみフルオート射撃可能。
それ以外の場合はセミオート(もしくは指切り単発射撃)のみで運用すること。

・手榴弾
トルネード使用可能(必ず下投げで!人に直接当てないでください!)

プラスチックグレネード使用可能(M76型BBボトル)
トルネード同様必ず下投げで、直接人に当てないでください。
投げる際には「グレネード!」と発声すること。
投げられた側は飛んできたグレネードの着弾地点から半径約3m以内で遮蔽が無かった場合は自己申告で戦死すること。
グレネードの投げ返しは禁止、戦死者はそっと拾って陣地に戻る際などに返してあげてください。

・ヒット判定

装備、銃を含めた全身ヒット制。
ヒットした場合は、それ以上の射撃・移動は一切不可です。
状況に応じて演技をお願いします。
例)頭、胴体、手足の付け根
即死とし、味方とのコミュニケーションも不可です。
死亡の演技若しくは宣言ののち、1分ほど死体になってください。
その後はデッドマーカーを挙げて速やかに陣地に戻って復活してください。

例)手足の末端、銃、装備への被弾
負傷とし、状況によっては周囲へのコミュニケーションのみ可能とします。
自分では移動、射撃はできません。
1名以上の仲間に連れられた状態で陣地に戻って復活となります。
周囲に味方が居ない状況の場合、3分経過したら死亡として陣地に戻って復活となります。


・その他

防護具
エルボー、ニーパッドは使用可能ですが、必ず衣服の下に装備して見えないようにしてください。

マーカー
各勢力に簡易なシールタイプの紀章を支給します。
指定の紀章が無い方は上着に貼り付けてください。
別に、布リボンを支給します。
エポレット、装備、上腕など見やすい場所に付けてください。

                           以上

装備の具体例、細かいルールについてなどは順次記事を作成してアップしていく予定ですface01

ご不明な点・お問い合わせは「yugowar199xアットマークgmail.com」までお気軽にどうぞ!

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!!

















同じカテゴリー(イベント規定:レギュレーション)の記事画像
レギュレーション修正
機関銃の射撃方法について
同じカテゴリー(イベント規定:レギュレーション)の記事
 レギュレーション修正 (2015-10-03 16:42)
 機関銃の射撃方法について (2015-09-24 19:27)

2015年03月19日 Posted by カタヤマッチ  at 19:20 │Comments(0)イベント規定:レギュレーション

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。